アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

postheadericon 専門学校に通う

赤いドレス

p>ファッション業界で、スタイリストを目指す若者は多いでしょう。
ファッションは、時代とともにどんどん変化していきますので、その時代にうまくあわせたコーディネートのできるスタイリストが、理想ですね。
まずは基礎的な勉強をする為にも、ファッションの専門学校に通うことになりますね。
同じ夢を持って、机を並べて勉強する若者たちの中では、競争も激しいです。
希望通りの職場につけるかどうかは、本人の努力次第になるでしょう。

センスを磨く
ファッションの勉強は、専門学校で学ぶだけではなく、日頃から街に出かけて人々のファッションの好みや、着こなし方を見て勉強することも大切です。
世間に出まわっているファッション誌はもちろんのこと、他の書物も沢山読んでインスピレーションの湧くものを、どんどん吸収していかねば成長が望めませんね。
バイトもファッション系のバイトがあるのでしたら、それにどんどん応募して挑戦していくことが、社会にでる良き準備にもなります。

途中で投げない
どうせ目指すなら、自分独自のスタイルも作れるようになれればいいですね。
そこまで目標を高く持つと、意欲もますます湧いてくることでしょう。
どの業界でもそうですが、学校の勉強をしながら実地の場をできるだけ持って訓練をすることが、とても重要になります。
いきなり社会人になる前に、学生時代に雑用でも何でもよいので、ファッション業界でできるだけ働くように心がけていきましょう。
そうすることで、自然と夢へと近づいていけるはずです。

postheadericon コーディネートのプロ

ディスプレイ

スタイリストという言葉をテレビや雑誌などでよく目や耳にします。
スタイリストとは、テレビや写真、映画などの出演者に対して、衣装や髪型、アクセサリーなどをコーディネートする仕事です。
実際にはその華やかなイメージだけではなくかなり体力を使う仕事であることはあまり知られていません。
最近ではスタイリスト自体がテレビなどに出演するケースも目立ちます。
人気になればテレビや雑誌から引っ張りだことなっており、メディアに露出することもかなり増えます。

どうしたらなれるか
まずはアシスタントになるのが基本的な流れといえます。
その前に服飾系の専門学校などを卒業しているとメリットがあります。
専門学校の先生などはやはりそれなりのパイプを持っています。
専門学校を卒業することで先生が紹介してくれるケースも多いのが実情です。
また、専門学校で習う知識は必要不可欠といえます。
専門用語も多い業界ですのでそれを知っているのと知らないのとではかなり違います。
当然メイクや洋裁など、役立つことばかりです。

修行が必要
ファッションが好きだからという理由だけではけっしてなることは出来ません。
スタイリストのアシスタントについて、その業界についてしっかりと自分で勉強することが必要です。
もうひとつの方法は専門の事務所に入社することです。
事務所に入社すれば仕事は事務所が決めてくれますので、ある程度そこで知識を学ぶ事は可能といえます。
また人脈も作ることが出来ますので、後々大変役に立つともいえます。
いずれにしても自分でしっかりと勉強をすることが大成するには重要な事と言えます。